≪守備≫意外と説明出来ない守備のルールを徹底解説!

今回は野球の守備ルールについて徹底解説していきたいと思います。
守備にも色々なルールが存在しており、プレーを見ていると、なんで今そうなったの?ということがありますので、
その、なんで?を解決していきたいと思います。

守備妨害の重要ポイント(基礎知識)だけを網羅しておく!

守備とはなにか

守備とは相手打者が打った球を守るということです。
守るということの中にはさまざな種類やルールがありますので、
そんなルールや種類について見ていきましょう。

守備の役割と適正について詳しく知りたい方はこちら!

守備のルールと種類

アウトとは?

アウト(OUT)とは打者や走者が規則によりプレイから除かれることを指します。
この除かれるというのは、

・飛球(フライ/ライナー)が、野手が正規(地面に一度も触れない)で捕えられた場合。
-内野フライや外野フライのこと

・ 第三ストライクと宣告された投球を捕手が正規に捕球した場合(三振)。
-空振り三振/見逃し三振のこと(捕球しきれない場合は振り逃げとなる)

・ 第二ストライク後の投球をバントしてファウルボールになった場合(スリーバント失敗による三振)。
-バントはボールをバットに当てやすいためファール扱いだと投手の球数が増えることからバントの定義は「ファールはストライク扱い」となっている。
なので第二ストライク後のファールはストライクとみなされ三振となる。

・ インフィールドフライが宣告された場合(ファールボールの球を落球した場合はアウトは取り消される)。
-詳細は後ほど。

・ 野手(投手を含む)に一度も触れていないフェアボールが打者走者に触れた場合。
-打者が打った球に当たってしまった場合守備妨害とみなされる。

・ 打者が打つかバントしたフェアの打球にフェア地域内でバットが再び当たった場合。
-守備妨害の対象となる。

・ フェアボールを打った後、
一塁に触れる前にその身体または一塁ベースに触球された場合。
-一般的な内野ゴロの時の処理。
タッチプレーが必要な場合とそうでない場合がある(詳細は後ほど)

と色々なルールが存在します。
アウトの種類を細かく出していくと難しい表現や長々となってしまいますのでここではいくつかご説明致しました。
このあとに詳しい内容もご説明していきます。
プロ野球や高校野球をテレビで見ていれば大まかなアウトに関しての知識は入ってくると思います。
走者がいな場合は内野へのフェアボールなら一塁へ送球でアウトです。
(一塁に触れる前にその身体または一塁ベースに触球することが条件)

走者が一塁の場合は二塁への送球が間に合うなら二塁へ送球!間に合わないのなら一塁へ送球でアウトになります。

より相手走者の進塁を妨げることができるかがアウトを取るということになってきます。

チェンジとは

チェンジとはアウトを3つ取ることで攻撃側と守備側が交代することを指します。
このチェンジを9回まで繰り返し勝敗を決めていきます。

ダブルプレーとは

ダブルプレーとは守備側の選手が連続した動作で二人の走者または打者と一人の走者をアウトにすることを指します。
よくゲッツーや併殺なんて呼ばれ方をします。
どのような状況でも定義に沿っていればダブルプレーと呼びます。

インフィールドフライ

インフィールドフライとは無死または一死で走者が一・二塁または満塁の時、
打者がフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)を打ち上げた際に内野手が普通の守備行為を行えば捕球できる場合のことを指します。

走者が一塁の時や一・三塁の場合はインフィールドフライとはなりません。
インフィールドフライはインフィールドと判断された時点で打者がアウトとなりますので内野手が落球した場合に進塁する必要はありません。

タッチプレーとは

タッチプレーとはボールを持った野手が走者をアウトにするためにその走者にタッチすることを指します。
タッチプレイが必要になる状況とそうでない場合がある?
タッチプレイが必要かどうかは一塁に走者がいるかいないかで決まります。
一塁に走者がいる場合や走者がいない場合はタッチは必要になりません。(タッチプレイでもアウトにはなります)
一塁走者がいない場合(走者が二塁や二・三塁)はタッチが必要になってきます。
二塁走者が三塁に進塁する際や三塁走者が本塁へ進塁する際はタッチプレイが必要です。
また一塁走者の盗塁や投手からの牽制だとタッチが必要になってきます。

前進守備とは

前進守備とは三塁に走者がいて相手チームに得点を許したくない場合に通常の守備位置から前進して守り本塁で走者をアウトにするための戦術のことを指します。
通常の守備位置より前に守ることにより本塁までの距離を短くしアウトにする確率を大幅に上げることが出来る。

エラーとは

エラーとは簡単に言うと野手のミスということです。
失策とも呼ばれますが、
アウトに出来る状況をアウトに出来なかった場合にエラーとなります。
正面のゴロをトンネル(野手の股の下を通る)した場合や飛球を落球した場合や悪送球(送球が悪くアウトに出来なっかた)などが挙げられます。
エラーにはフィルダースチョイスというものもあり、
エラーは野手の技術ミス!フィルダースチョイスは野手の判断ミス!を指します。
判断ミスとは例えば走者が一塁で打者がバントをしたとして二塁への進塁を阻止したいのですがタイミング的に間に合わない状況の中、
野手の判断で二塁へ送球をしてアウトに出来ず、
バントをした打者もアウトに出来ず一・二塁という状況を作ってしまった場合にフィルダースチョイスということになります。

ファインプレーとは

ファインプレーとは選手の美技のことを指します。
いいプレイをしたということですね。
野手であれば通常だと捕球が難しい打球を紙一重で捕球出来た場合などにファインプレーと言います。

まとめ

守備のルールを見てきましたが、
アウトを取る為に野手の9人が一生懸命一つのボールに集中しているのがわかりますね。
それこそが野球を魅力的に見せる理由になっているのです。
打撃も一緒で選手9人で1点を取る為に一生懸命頑張っています。
野球を魅力的に見せる理由は他にもあって、

攻撃/守備の9人だけで試合をしていないということです。
応援をしてくれる方やベンチのメンバーみんなで1点を取り1点を守るということが野球の本当の醍醐味ではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。
守備のルールについてはかなりの知識人になったのではないでしょうか?
これからも一緒に勉強していきましょう。