≪バッティング≫流し打ちで広角に打ち分けるコツと練習法について

流し打ちを身につけたい・・・
ストライクゾーンを打ち分ける事が出来たらどれだけ楽か・・・

男横の野球場にひざまずく男

私は左打者なのですが、基本的に引っ張ることが多いため、プルヒッターでセンター右からライト線が中心の打者です。
だからこそ、アウトコースに弱く・ボテボテのショートゴロになる経験を何度もしてきました。

そこで今回は、『流し打ちをいかに習得するか』『流し打ちのコツ』に焦点を当てて解説していきたいと思います。

流し打ちとは?

流し打ちというのは、右バッターならライト方向・左バッターならレフト方向に打球をはじき返すことを言います。

なぜこんなにも難しいのか・・・?
単純な理由ですが、打者の身体から遠い為にミートしづらいこと・・・
また目線が遠くなる為、コースの見極めが難しいことです。
他にも肩が開きがちのケースだとどうしても手首が返ったタイミングでボールと当たる為、
なかなかいい打球にならないということも理由に挙げられます。

そんな中で、もし流し打ちを習得する事が出来れば、
よりヒットゾーンが広くなることは言うまでもありません。
イチロー選手のように、来た球に逆らわずに返すという事が出来れば、
打率もグッと上がる事間違いなし。

スポーツ用品, ハンド, ホールディングの無料の写真素材

基本はセンター返し

流し打ちを綺麗に決めるためにも練習をしていかなくてはいけないのですが、難しく考えることはありません。

流し打ちはあくまでピッチャーが投げた球に対しての反応ですので「流し打ちをするぞ!」と考えなくて大丈夫です。
もちろん、進塁打の為に無理やりセカンド方向に打つことはありますが、流し打ちを習得する為にも、まずはセンター返しが出来る状態を常に保つようにしてください。
ピッチャーの投げた球に綺麗にバットを合わせれば、そのままセンター方向にボールを返す事が出来るはずです。
これが、なによりもの基本になります。

そして、そのピッチャーの投げた球のコースによって、バットの出し方とボールが当たるポイントを変えるだけです。
アウトコースのボールを「引きつけて打つ」ことによって、打球は逆方向に飛んでいきます。
ただ、この際に気をつけるべきことは「詰まることを恐れない」ということ。
引きつけて打つ分、ピッチャーのボールの勢いを少なからず受けることになります。
だからこそ、流し打ちを習得するにはその際に差し込まれることなく、
バットを押し込めるパワーも必要になります。

押し込む際には、右打者なら右手・左打者なら左手で「運ぶ」という感覚がコツになりますので、
その為のトレーニングをいくつかご紹介していきます。

流し打ちの練習:スローボール打ち

引きつけて打つ練習の定番です。
このスローボール打ちの目的は「気持ちよく打つこと」ではなく、
「ボールを引きつけて正しいポイントで打つこと」ですので、
右打者ならレフト方向・左打者ならライト方向に大きな打球がなんどもいくようなら要注意です。
あくまで、ポイントで正しく返す練習ですので、ポイントに引きつけてそれぞれ打ち分けるように練習を重ねてください。

流し打ちの練習:バドミントン打ち

少しゲーム感覚になりますが、バドミントン打ちも練習になります。
これは、バドミントンのラケットを後ろの手(右打者なら右手・左打者なら左手)で持ち、投げてくれる人の球を全て逆方向に流すというものです。
体が開いているとうまく流せませんし、ポイントに呼び込んで返さないと力が伝わらないので、非常に良い練習になります。

アクション, アスリート, おとこの無料の写真素材

まとめ

いかがでしたでしょうか。
流し打ちというのは一筋縄ではいきませんが、少しずつ練習を重ねていけば、必ず身に付けることができます。
無理に体を突っ込む必要も、開く必要もありません。
来た球に素直にバットを出せばいいだけのことです。

・・・これが一番難しい。。。

流し打ちのコツや原理は分かっても、
そこに付帯してくる、パワーや選球眼(ボールをよく見る)などが厄介・・・

ですが、そこを一つずつクリアしていけば、
必ず広角に打ち分けることができる素晴らしい打者へと成長していけるでしょう。
素晴らしい打者になるためには、流し打ち(広角に打ち分ける事)が必ず必要となってくるでしょう。
その為には、細かい練習も必要になってきますので、是非、参考にしてみてください。